うつ病 パニック障害 精神疾患の東洋医学療法

       

 

はりやマッサージで 心の病気は治せるの?

東洋医学には人を気(心)と体という2つに区別して診断治療する方法があります。
○ 心にふれる治療
○ 体にふれる治療
この2つをそれぞれ区別して行うのが東洋医学的な精神療法です。

心にふれる治療

じっくりとあなたの話を聞きます。
思いやストレスを言葉にして出すことで心の中を整理し客観的にみることができるようになります。

体にふれる治療

心と違い体の状態は見て触れて確かめることができます。
精神疾患は体のほうにも顕著な症状がありますが本来あるはずの身体感覚が鈍くなってしまう/消えてしまうという特徴がありこれが特有な精神症状となっている場合があります。
東洋医学はこの心と体の両方を区別しながら本来の形に戻してゆく治療を行います。

東洋医学の はり温灸 ボディワークは薬の治療と併用しても問題ありませんが、最終的には薬に頼らない状態に戻すことを目的にしています。

 リラックスを忘れてしまった身体

私たちの心や体はたいていの疲労やストレスをうまく処理してくれるようにできています。それは 「元に戻る」という柔軟な身体の仕組みにあります。
この仕組みがうまくいかなくなると、理由もないのに涙が出たり不安になったり他人が怖く思えたり・・など気分は不安定になります。

からだカウンセリング

心のカウンセリングと同じように、体のカウンセリングを行います。
緊張・不安・微熱・冷え・弱さ・怖さ・・言葉をもたないあなたの体が訴えていることを診察し、じっくり対話しながら治療を行います。
体にふれるマッサージを主体として はりや温熱療法なども併用しています。

心のカウンセリング

死にたくなる気分、消えてしまいたい孤独、抑えられない怒りや悲しみ、なんでうまくいかないの?・・こんな不安定な心や思いにはとても重要な意味があります。
あなたが感じている不安や苦悩の意味をともに考え回復の方向性を見つけていきます。

気功リリースワーク

私たちの心も身体も日々の仕事や生活の中でさまざまな抑圧や制約にさらされています。気功リリースワークはリズミカルな体の動きの中から、これらの抑圧から心身を解放させる自己運動法です。
シンプルな動きの中で心や身体を解放させてゆく方法を講習します。

東洋医学療法の適応

緊張 疲労 冷え 熱など、ストレス だるさ 無気力 痛みなど つらいなと感じる症状が身体に現れているほうが治療の効果は早いです。
暴力暴言 異常行動など限度を超えた意識障害などがみられる場合には東洋医学では対応が困難です。まず薬物療法を優先してください。

使用する治療器具は全て衛生的に細心の注意をはらっています。
強刺激や不当な料金の請求、商品を売りつけたり宗教的な勧誘行為は一切行っていません。

うつ病 パニック障害 復職のためのリハビリテーション

うつ病 その家族のための講習

メールマガジン うつ病 パニック障害を東洋医学で治す! 発刊中

■ 心の病気を東洋医学の視点で見ると、病気に対する見方や思いが変わります。 毎週土曜日に発刊しています。
 あなたと一緒に回復のためのキーワードを考えていきましょう。
◆登録 バックナンバー閲覧はこちら!

詳しくはお電話またはメールでご相談ください。

◆ 西尾はり灸マッサージ治療室
  ◆メールによるお問い合わせ


---- copyright nishio kenichi 2014/04/01 ----